【インドで中二病発症】戦闘力が高いゆるキャラ...というか神々に出会ってきた。

こんにちは。

ブログをはじめて2回目の更新が、こんなに空いてしまった挙句、内容が中二病にまみれていて悲しくなりましたが、誰かにこれを伝えたいという思いに駆られて、書いちゃいました。

 

 

実は7月頭に、インドに旅立っておりました。

 

ブランディングをお手伝いしている、Crossing via Japan株式会社Head, Heart & Hands』さんからのお誘いで、インド最大のテキスタイル展示会を中心に、現地の手仕事によって作られる超絶技巧のテキスタイルを拝見しつつ職人さんたちに会ってきました。

インドの手紡ぎ&手織りによって作られる本場のカディ。

その中でも500番手という超極細糸による生地は、想像を絶する手触りでした....インドの素晴らしい手仕事によるテキスタイルに興味がある方は、ぜひご連絡ください!!

 

f:id:nissinworks:20170804154139j:plainf:id:nissinworks:20170804154142j:plain

 

 

では、本題に入ります。

 

えー・・まさかの、くだらない方が本題です...(関係者の皆さま、誠に申し訳ありません)

関係者の怒号が聞こえてきます。。。

 

 

 

底知れぬ 狂気に満ちた視線

 まず最初にインドに生息する「決してユルくなどない ゆるキャラ」として意識したのは、テキスタイル展の会場に突如現れた彼のそびえ立つ姿でした。(ダ◯シムに見えなくもない)

f:id:nissinworks:20170801001012j:plain

およそ2メートル30センチはありました。(アンドレ・ザ・ジャイアントより大きい)

・・・目が完全に危ないし、血が滲んでいます...


おそらく、手のひらにある謎の噴出口からは、ガス状の何かを噴出して視界を奪い、そのガスを吸った者に恐ろしい幻覚を見せるに違いありません。。。

 

 

 

なかなか物理攻撃が当たりません

そして、悦な表情で馬を走らせる彼(彼女?)。

f:id:nissinworks:20170801002153j:plain

 

その視線の先は何を見ているのでしょうか。
黒い口紅が不気味さを一層引き立てていますが、スタンダードなRPGの中盤に出てくる、”スピードが売りの敵キャラ感”があります。
多分回避率が高くて、厄介な相手でしょう。


 

 

人類の身勝手さが生み出した悲しいモンスター

こちら、展示会会場の隅っこに佇んでいた恐ろしい生物です。

f:id:nissinworks:20170801002729j:plain

この配色だけでも相当グロテスクですが...4本の足が生えていることによって、恐ろしさに拍車をかけています。

人間たちの不毛な核戦争によって汚染された湖で誕生した、悲しい怒りを背負っているような気がします。

 

 

 

復活し損ねた、地下遺跡に眠りし土人 

子供達が普段戯れているであろう公園に突如出現しました。 

f:id:nissinworks:20170804145444j:plain

このあと全身が地中から這い出てくるはずだったところ、明け方になってしまい、太陽の光を浴びて固まったのでしょう。

なんか、ジーーー・・・・っと顔を見ていると、不思議な気持ちになってきます。口角が上がってて素敵です。

 

 

 

[番外編 ↓ ]たぶん何らかの神様だと思うけど、もう  めちゃくちゃ強そうな方々。

 

伝説の宝剣を守る 守護神獣

素敵なレストランのエントランスに佇んでいらっしゃいました。

f:id:nissinworks:20170804150012j:plain

こんなん、もう絶対強い。

多分レベル低い状態で挑んでも、最初の全体攻撃でほとんどのメンバーが死ぬやつです。

ラスボス手前で、手に入れておきたい伝説の武器を守っているに違いないと確信しました。

 

 

 

...誰も勝てない。これには絶対誰も勝てない。

ムンバイの空港で異常なオーラを放っていました。

f:id:nissinworks:20170804155005j:plain

暗闇の中に顔だけが存在する状態になってて、あらゆる光を飲み込むダークマター的なガスっぽい何か。

おそらく、物理攻撃は効かないでしょう。

この顔も、今まで取り込んだ様々な人間の顔が出てくるはずです。

今は太古の昔に取り込んだ崇高な魔術師の顔ですけど、一定のダメージを与えると別の顔に変化します。

 

 

 

もっと見て回りたかったのですが、、

・・・まあそんな感じでインドの旅も終わり、本当にどうしようもない34歳だなと 自覚しました。

娘たち、ごめんな。。パパ、中二だったんだ。

 

自分がこんなにも中二病を患っているなんて、インドに行かなければ気づきませんでした。

もうここまできたら隠さず、全世界を中二病フィルターで見ながら、旅して回りたい気持ちになっています。

 

 

インドのテキスタイルについての真面目が記事は、また近々書きたいと思います!!!!!!!!

本当に、本当に書きますから!!!すいません!

 

 

f:id:nissinworks:20170804152540j:plain